読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメのキャラは短パンが多い

2月11日(土)    …


祝日のため仕事は休み。駅伝明日に控えてるが土曜に出れるチャンス少ないし、そもそも走行会に参加出来る機会が少ないから参加出来る時は参加する。


天気良いし。

かあさん走るしかないじゃないか!



今日の目標は疲れを残さない程度にしながらも練習の効果が出る強度で走る事。

さらにはいろいろ喋って交流持てればなと。


という事で参加表明せずに奇襲。


いつものセブンに向かい大歓迎を受ける。

ポタ部を拉致ろうとするもキャプテン塚田氏に阻止される。

コースは凍結を考慮し尾根幹へ。久留宮氏先頭で進み自分は後方で待機。

尾根幹の坂は1つ1つが短いのでなるべくFTPかそれ以上で踏む意識を持ちましょうと話し尾根幹入り口に到着。


尾根幹は登りから始まるのでダンシングで加速しシッティングに切り替え巡航モードへ。

自然と400Wを超える。特に意識せずに出力が出るので成長の片鱗が出て来たかな?

そこから更に上げて信号青のまま通過。後ろを見るとすでに小川氏のみ。後続は信号に引っ掛かったようだ。

平坦入り少し休み、↑は上げ過ぎないよう意識し↓→では低くならないようにしなるべくゾーン4周辺を常に刺激。

そうこうしてるとあっと言う間に尾根幹終了、稲城のセブンで休憩し他のメンバーを待つ。

帰りは多摩サイ経由で帰る事に。

やっとポタらしくなって来ました…。

名付けて多摩ポタ。

怒られるか。


多摩サイへ向かう途中、半袖短パンのローディーを見かけ頑張る方向間違ってるんじゃないかとツッコミを入れる。


多摩サイ入ろうとするとマラソン大会を行ってた為、多摩川沿いの一般道を走る事に。いつもの通勤コースじゃまいか。

向かい風強くなかなか進まないが皆んなの強度を上げる為にそれなりに踏んでいく。

少し差がついたら緩め、縮まって来たら踏むを繰り返しいつまでも追い付かない状況にし追い掛けてもらう。


途中サイコンの充電が切れたがまあどうでもいいやとストラバも起動させず。


多摩川を上流へ進み高月で店方向に上がってく事になり、初めて高月クライムとやらを登る。

いきなり宮川若頭と小川氏がダッシュで登っていく。取り敢えずスルーして意外に長くすぐに垂れていた。様子を見て正解だった。

ギーコギーコと登ってると上から短パンのローディーが降りてくる。


うわっ⁉︎ここにもいた!

目を合わせたらいけないと思いつつどんな人かと確認したら、ナント!うちのメンバーではないか!

誰かはここでは敢えて言わないが、自分同様駅伝メンバーである。しかも同じチーム。


高月の主にお別れも告げずに進み、最後の頑張りどころ新滝山街道の直線に入る。

ひたすら250Wで進む。

バッテリー切れて出力分からないのであくまで自分の感覚だが。

道のステーション前で皆んなを待ち、ひよどり山トンネルからのんびり帰る。


参加された皆様から疲れたという声を頂き、良い練習が出来たのかなと内心ホッとする。

f:id:Allegrovivo:20170215121513j:plainf:id:Allegrovivo:20170215121527j:plain

途中まで。30kmくらい未計測。

TSSは150くらいかな?


整体を予約しといたのでランチを食べずに帰宅。

脚がパンツパンツである。整体行ったら、今日うち来なかったら駅伝は程々でしか走れなかったですよと言われる。

やべー。

明日どーなる、俺⁉︎