読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4月16日 ツールド八ヶ岳

4月15日(土)


仕事&準備でノーライド。



4月16日(日)   


ツールド八ヶ岳当日。


機材は

FRD

リディア52-36

トーケン C50 

前輪  コンチTT、ブチルチューブ  

後輪  コンチフォース、SOYOラテックス


ナカヤマンは直前に轢かれそうな子供を助け肋骨にヒビ入りDNS

なのでプロの独身須崎氏と2人で行く事に。


4時に西八駅前で須崎氏を拾い八ヶ岳に向かう。

道中は乃木坂とブラックの話で盛り上がり渋滞する事もなく会場到着。受付近くの駐車場は満車の為、少し離れた小学校に停める。

一応アップ用にグロータック持ってきたが天気も良いしで実走でアップすることに。

服装は去年と打って変わって暑過ぎる為、半袖短パンで即決。


スタート地点にメンバー居るのを確認し近くの坂でインターバル的にアップ。強度は高めで。

去年はスタートからマトリックスの田窪選手がかなり上げて行って撃沈した経験がある上、今年はさらにホセビセンテ選手(!)が出場する為、スタートからやばそうな雰囲気プンプン。

コースレコード狙うとか…。


で、スタート地点に並び知った顔の方々とお喋りしながら待ってたらあっという間にスタート。

いきなり450Wあたりで入り、巡航に入っても350W前後で進む。集団は最初から縦1列で展開も何もなし…。ただひたすらホセビセンテエクスプレスに引きずられるのみ。

シーズン序盤でこの強度はまだ練習不足のため既にレッドゾーン…。

エクスプレスからワラワラと落ちて行き、集団が小さくなったと思ったら中切れが起きて終了。

中切れ起こすならさっさと譲りなさい、と思うが前の方に入れない自分が居る為何とも言えず…。


先頭集団にはもう追い付けるわけも無いので呼吸を整えて集団から落ちてくる人を吸収しながら淡々と300W前後で進むのみ。

最初からこのくらいの強度ならまたタイムも変わってくるんだろうが、先頭集団に着いて行く人も居るわけでまだまだ頑張らなければ。


ちょろちょろ走ってると落ちてきた人とペースが合ったのか、先頭多めで交代しながら進む。

天気は良いが風が強いので単独は不利だから言葉は交わさなかったが協調。

30分過ぎた辺りからは標高が上がってきたからか出力が下がり始める。やはりこの標高は前泊して慣れるのが当たり前なんだろうな。


途中、汗かき過ぎてボトルがなくなりショートコースのゴール地点で水を貰う。真夏の甘利山以外では初めてなので気になるポイント。

あとは気持ちが切れないように踏ん張って、特に順位争いもないのでスパートする事もなくゴール。


f:id:Allegrovivo:20170511235859p:plainf:id:Allegrovivo:20170511235907p:plain


最低限10分切るのが目標だったが達成出来ず…。

去年よりはマシかなというレベル。勝手にライバルと思ってる人たちは遥か先なのでもっとヒルクライムの練習せねばなと刺激を受けたレースでした。


遅ればせながらやっとレースレポートまで書けました💦